フッ素で歯を守る!!~フッ素の働きと使用方法~

「フッ素配合」といった言葉を最近のドラッグストアの歯みがき粉などで見かけるようになりました。

また、予防歯科が注目されている今日では虫歯を治療することも大事ではありますが、虫歯にならないように「予防すること」を重視するようになってきました。

なぜフッ素が必要かというと、虫歯の原因となるミュータンス菌は糖質から酸を作ります。その酸が歯のカルシウムやリンを溶かしてしまい、脱灰(歯のエナメル質が溶け出す現象)が起きてしまいます。

特に甘いものをよく食べたり飲んだりする習慣がある人は、長い時間歯の表面が酸にさらされてしまうため、虫歯になりやすくなります。

そこで注目されているのが「フッ素」です。

フッ素には虫歯の原因となる菌の働きを弱める、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進、歯の表面を強くして虫歯になりにくくするといった働きがあります。

フッ素は歯みがき後、歯や粘膜に残り、唾液と少しずつ混ざり合い効果が出始めます。

つまり、フッ素は長く口の中にとどめることが重要です。歯みがきが終わった後に何度も口の中をすすぐと口の中に残るフッ素の量が少なくなってしまいます。歯みがき後は少ない水で1回だけすすぐことをお薦めします。

御笠川デンタルクリニックではフッ素塗布を行っており、口腔内の状態によっては保険が適用できる場合もございます。また、歯科医院専売品のフッ化物配合歯みがき粉やジェルなども取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 歯科衛生士とこども
  2. むし歯

info


ご予約 092-513-3315

土・日・祝日 20時まで診療
駐車場11台・キッズルーム完備
バリアフリー

御笠川デンタルクリニック ヒカリ

〒816-0912 福岡県大野城市御笠川2-15-2

PAGE TOP