指しゃぶりが歯ならびを悪くする!?

悪習癖が歯ならびに及ぼす影響

最近お母さん方から、子どもが下唇をよく噛んでいる、寝ているときに歯ぎしりをしているといった相談を受けます。歯は弱い力でも毎日繰り返しかかることで少しずつ動いてしまいます。

本日は、悪習癖(あくしゅうへき)が歯ならびにどういった影響を与えるかをご紹介していきたいと思います。
小さなお子さまの代表的な癖として指しゃぶりがあります。

指しゃぶり

1~2歳の赤ちゃんには吸う本能があり、ごく普通の光景です。しかし、4~5歳になっても指しゃぶりを続けていると開咬(前歯が噛み合わない状態)や上顎前突(出っ歯)の原因となります。ご家庭で出来る予防法としては、しゃぶらないよう注意を継続的に行う、しゃぶらなかったら親が褒める、外で運動をさせるなどがあります。

他の悪習癖としては爪を噛む、舌を歯に押し当てる、ほおづえをつく、唇を噛んだり吸ったりするといったものがあります。これらは、出っ歯や受け口、歯と歯の間に隙間ができるといった原因となります。
特に唇を噛む癖などは子どもだけでなく、大人にも見られる症状ですので注意しましょう。

御笠川デンタルクリニック ヒカリでは小児歯科において経験豊富な歯科医師が様々なケースの悪習癖の改善方法をご提案させていただきます。
また御笠川デンタルクリニック ヒカリでは矯正治療のご相談も承っております。特に子どもの矯正治療は適切な顎の発育を助けたり、抜歯の必要性がなくなる場合もあります。矯正専門の歯科医師が在籍しておりますので、お気軽にご相談ください。

ご予約はこちらから
TEL:0120-44-1423

関連記事

  1. 歯科衛生士とこども

info


ご予約 092-513-3315

土・日・祝日 20時まで診療
駐車場11台・キッズルーム完備
バリアフリー

御笠川デンタルクリニック ヒカリ

〒816-0912 福岡県大野城市御笠川2-15-2

PAGE TOP