赤ちゃんの歯みがき

 

赤ちゃんの歯みがき

赤ちゃんの歯のケア

生え始めの赤ちゃんの歯みがき方法を知っていますか?

ここでは赤ちゃんの歯のケアについてご説明します。
赤ちゃんの歯が生えてくる時期は一般的には生後6ヶ月前後です。個人差がありますので、多少前後しても問題ありません。一般的には下の前歯から生えてきます。

離乳食もその時期あたりから始めるお母さん方が多いようです。これくらいの時期の歯みがきはガーゼなどで優しく拭ってあげましょう。なぜなら、赤ちゃんはもともと唾液量が多いため虫歯になりにくく、よだれが生え始めの歯を守っているからです。

また、ガーゼを使用することでお口に触られることや、お口の中にものが入ってくることに慣れていきますので、歯ブラシへの移行が比較的楽になります。いきなり歯ブラシを使うと痛みを感じ歯磨きが嫌いになってしまうこともあります。
ガーゼ磨きは授乳後や離乳食後、就寝前など1日に5~6回ほど磨いてあげましょう。磨き方のコツとして、ガーゼをぬるま湯で湿らせ、人差し指に巻き付けて歯を前後からつまむようにして優しく拭きましょう。

歯が1歳3ヶ月を過ぎても生えてこない、産まれた時から歯が生えている、歯の色が黄色や茶色に見えるなどの症状がある場合は歯医者さんでの相談をオススメします。

赤ちゃんの歯みがきグッズ

御笠川デンタルクリニックでは、赤ちゃんの定期検診やお口の中のご相談、赤ちゃん用の歯みがきグッズも取り揃えております。
土曜・日曜や祝日も診察を行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 歯科衛生士とこども

info


ご予約 092-513-3315

土・日・祝日 20時まで診療
駐車場11台・キッズルーム完備
バリアフリー

御笠川デンタルクリニック ヒカリ

〒816-0912 福岡県大野城市御笠川2-15-2

PAGE TOP