歯の神経を抜くとは?

神経を残す治療

むし歯が進行して歯の神経にまで達している場合は、神経を取り除かなければなりません。
歯の神経は一度抜いてしまうと、元には戻りません。
歯の神経を抜く前に、歯の神経の大事な役割を知りましょう。

歯の神経とは

歯の神経の役割

  • 虫歯になったことを教えてくれる
  • 虫歯から歯を守ってくれる
  • 歯が割れるのを防いでくれる
  • お口の中の変化を知らせてくれる
  • 歯の根っこの成長を助けてくれる

 

歯の神経を抜くとどうなるの?

  • 歯がもろく割れやすくなる:
    歯に栄養が届かなくなり、枯れ木のような状態になってしまいます。
  • 歯の異常を感じられなくなる
    食事中に歯がしみたり、虫歯による痛みを感じとることができなくなります。
  • 歯の色が変わる
    血液が循環しなくなるので、歯の色が徐々に黒ずんできます。
  • 温度が感じられなくなる
    歯が温度を感じなくなり、食事の味にも影響してきます。
  • 治療の回数と費用がかかる
    神経を抜いた後は、何度も根の中の消毒をしたり、被せ物を作っていくため、回数と費用がかかります。
歯の神経がなくなると

歯の神経には、私たちの歯を守る多くの役割があります。
できる限り神経を残していきたいというのは患者様も歯科医師も同じ気持ちです。
御笠川デンタルクリニック ヒカリでは、むし歯を早期発見し、できるだけ神経を残すためにも定期検診をオススメしております。

関連記事

  1. 御笠川デンタルクリニックの口臭対策
  2. むし歯
  3. 御笠川デンタルクリニック ヒカリの衛生士勉強会

info


ご予約 092-513-3315

土・日・祝日 20時まで診療
駐車場11台・キッズルーム完備
バリアフリー

御笠川デンタルクリニック ヒカリ

〒816-0912 福岡県大野城市御笠川2-15-2

PAGE TOP